ペライチ?それともWordPress?

起業ママなつみ

ホームページを作りたいんですけど、ペライチとかWixでも大丈夫ですか?

ゆうこ

もちろん大丈夫ですよ!
でも、なつみさんにはワードプレスの方がオススメかなー

起業ママなつみ

どうして私にはワードプレスがオススメなんですか?

ゆうこ

オンラインでお仕事されているからです!

ホームページを持ちたい!って思ったとき、「自分でやる派」の方なら特に、どんな方法にしようか迷われるかもしれません。

ワードプレスがいいって言われても、大変そうだし、お金も掛かるし、ペライチみたいなWebサービスでもいいんじゃないの?と思われるかもしれません。

ペライチでもホームページは作れるし、とにかくとっても手軽なので、それはそれでオススメです。

「じゃあどうしてワードプレスを勧めるの?」という声が聞こえてきそうなので、今日はそこのところを解説しますね。

もくじ

実店舗があるかないか

結論から言うと、サロンなど実店舗がある方ならペライチのようなWebサービスでもOK、店舗がないビジネスをされているならワードプレスがオススメです。

もちろん、サロンやスタジオなど実店舗をお持ちのお仕事をされていても、ワードプレスはオススメです。

店舗がないビジネスとは、制作や事務などの裏方系、講師業、コンサルなど。オンラインで完結するお仕事ですね。

そういったお仕事の場合は、ペライチやWixでもダメではないですが、将来的なことを考えるとワードプレスが特にオススメなのです。

ペライチってこんなサービス

ここで、ペライチのことをご存知ない方のために、どういうものか簡単に説明しておきます。

ペライチはWixやJimdo同様、無料からホームページが作れるWebサービスです。

「ペライチ」(ペラ一枚)という名前の通り、1ページのWebページが基本なので、ランディングページにめちゃくちゃ適しています。

なので、私のLP制作サービスは基本的にペライチで制作しています。

ですが、ペライチのテンプレートは最近めちゃくちゃ数が増えてきてまして、自分に合った業種のテンプレートを選び、画像とテキストを入れ替えるだけで、スモールビジネスのホームページが簡単に作れるようになっています。

1ページ構成のホームページです。

もしくは、有料プランにすることで複数ページの公開が可能になるので、複数ページ構成のホームページも作ることが可能です。

ペライチは、他のホームページ制作サービス同様、さまざまなタイプのブロックを組み合わせてページレイアウトを作ることができます。

HTMLがわからなくても、直感的な操作でホームページを作ることができるのです。

WordPressでできてペライチでできないこと

デザインの自由度

とっても便利なペライチですが、操作が簡単な分、やはり自由度ではワードプレスに劣ります。

一番の違いはデザインの自由度でしょうか。

ペライチは、先ほども書いた通り、ブロックを組み合わせてページを作ります。

そこは、ワードプレスのブロックエディタ、Gutenberg(グーテンベルク)と同じようなものではありますが、グーテンベルクほどの自由度がないんですね。

例えば、複数カラム構成になったブロックはいろいろありますが、カラム幅や中のコンテンツタイプを変えることはできません。

テキストに対するあしらい、例えば吹き出しみたいなものは入れられません。(将来的にそういうブロックが登場する可能性はあります。)

なので、デザインありきでページを作るのは難しい

ブロックありきでそこにコンテンツやデザインを当てはめていく、といった作り方が必要になり、世界観を表現するにも限られた機能の中でやっていく、ということになります。

ブログ機能

ワードプレスはもともと、CMS(Contents Management System:コンテンツ管理システム)と言われるように、ブログを書き溜めていくために生まれたソフトウェアです。

なので、当然ながらブログ機能が標準装備されています。

ブログを投稿したりそれに対してコメントが付けられたりするたびに、サイトの表示は変化します。これを「動的サイト」と呼んだりするのですが、それに対して「静的サイト」と呼ばれる、通常のWebページを作るためのツールがペライチです。

つまり、ペライチではブログが書けません。

なので、ペライチでホームページを作ったとしても、ブログはアメブロなど他のところで書き、リンクさせるしかないのです。

ホームページの位置付け

実店舗がある場合

実店舗があるビジネスの場合、お客様がお店へ足を運んでくださることが目的、お客様に取って欲しいアクションとなりますよね。

ホームページは、お店へ来てもらうためのツールの一つ

という訳です。

ホームページで「素敵!」と思われても、来店してガッカリされるともう2度目はありません(汗)。

逆に、ホームページの印象がイマイチだったとしても、通りがかりで来店してもらえたり、チラシなどホームページ以外のツールでお店のことを知ってもらって来店してもらえたり、ということもあり、お店での印象さえ良ければリピートしてもらえる確率もグッと上がります。

ホームページ自体にめちゃくちゃ労力をかけるくらいなら、お店作りにある程度リソースを割いた方が、ビジネスとして上手くいく可能性が高くなります。

なので、誰でも簡単に作れて、予約やメルマガなどの必要機能は付いているペライチでも大丈夫、という訳です。

実店舗がない場合

ところが、オンラインで完結したり、対面だったとしてもカフェ等で店舗を持たないビジネスの場合、ネット上で申し込みや購入まで完了してもらう必要があります。

全ての判断材料が、Web上にある

という訳です。

なので、ホームページ作りはお店作りと同じこと。

ノートパソコン

どんな世界観で、どんなお客様のためにどんな想いでどんなサービスを提供しているのか、そしてあなた自身が信頼に足る人なのか。そこをしっかり表現していくことで、ブランディングになり、ファンができ、ビジネスがうまく回っていきます。

そのためには、自由度が高くて発信がしっかりできるワードプレスを使って、しっかりとしたホームページを作っていくことが、とても大切になってくるのです。

Webサービスかそうでないか

ペライチは、株式会社ペライチが提供するWebページ作成サービスです。WixやJimdoと近いもので、アメブロなどとも性質は同じ。

詳しくは、「アメブロとWordPress、ぶっちゃけどっちがいいの?」でも書いています。

あわせて読みたい
アメブロとWordPress、ぶっちゃけどっちがいいの? アメブロを始めようと思ってるんです! いいですね!自分を発信する第一歩ですね♬ でもWordPressの方がいいよ、なんて声も聞いたりして… それぞれの違いからお話ししま...

つまり、「いつかなくなってしまうリスクがある」ということです。

実店舗があるビジネスなら、万が一ホームページがなくなっても店舗はそこにありますが、店舗がないビジネスの場合、ホームページがなくなるというのは、店舗やオフィスがなくなるのと同等のことになります。

そんな簡単になくなるものではもちろんありませんが(なくなってもらったら私も困りますしね!)、手綱を他人に委ねるのか、自分で握るのか、本気でビジネスをやっている人なら、どちらを選ぶべきかの判断はできると思います。

ペライチでできることはWordPressでもできる

今、ペライチには続々と機能が増えています。

  • ランディングページ
  • 決済機能
  • 予約機能
  • メルマガ発行

などなど。

使い勝手のいい機能がたくさんあるので、これはこれでオススメなのですが、これらの機能は全てワードプレスにもつけることが可能です。ペライチでできることはワードプレスでもできるのです。

なので、オンラインで完結するビジネスをされているママ起業家さんには、今すぐじゃなくてもいいので、ワードプレスでご自身のブランディングサイトを持つことをオススメします!

現在、自分でWordPressサイトが作れるようになる講座を準備中。
ネットが苦手でも、やる気さえあれば私がとことんフォローします!!
公式LINEからご案内を始める予定なので、ご興味ある方は登録してお待ちくださいね。

よくわからないから教えてほしい!相談に乗って欲しい!という方はぜひ、LINE公式アカウントの無料相談をご利用ください。お友達登録していただければ、1対1でメッセージのやりとりができます。

友だち追加
ゆうこ

いつでも投げ銭大歓迎♬

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる