【自己探求14】これからはどんな自分でありたい?

前回は、「私にとっての「自分らしさ」とは」というテーマで深掘りしてみました。

あわせて読みたい
【自己探求13】私にとっての「自分らしさ」とは 先日、 「自分らしさを出しても大丈夫」と自分に許可を出せるようになってきました。【自己探求11】なぜ本当の自分を出せなかったのか? と書きました。 じゃ、「自分ら...

この最後に、自分らしさをまとめたものがこちら。

毎日楽しく過ごすために、何にも縛られることなく、枠にとらわれることなく、楽しいことだけ想像して、面白そうなら飛びついて、やりたいことをやる。嫌なことならやらないし、楽しくなければ楽しくする。それが無理なら逃げるのみ。みんなで楽しくなりたいけど、同じところにずっと留まるのは苦手。移動は得意。いつも自由でいたい。

「楽しい」のが自分にとってとても大切なことなんだ、と改めて認識したのですが、このままだとただのフワフワした人になっちゃうので(笑)、もう少し具体的に「これから先、どんな自分でありたいのか」を考えていきます。

もくじ

どんな私でいたいのか?

上でも書いたように、楽しく生きることが一番です。

じゃあ、どういう状態だったら楽しいのか?

自分らしく生きることを自分が肯定し、周りの人も肯定してくれれば最高ですよね。

その、周りの「肯定してくれる人」というのは、その人自身も「自分のことを肯定している人」のはず。

「自分のことを肯定している人」=楽しく生きている人、がたくさん周りにいてくれると嬉しいなぁと思うので、楽しく生きる人と繋がっていたいです。

そして、自分と同じように、その「楽しく生きる人」の周りにも「楽しく生きる人」がたくさん居て欲しいなぁと思うので、楽しく生きる人同士を繋げていきたい、と思います。

家族にとっての私

私とは全くタイプの違う夫からすれば、理解できない部分も多々あるとは思うのですが、基本的には「自由に楽しそうにしている」のが私、と理解してくれているはずだし、私自身、自分らしくいることで、相手にもしっかり向き合える気持ちの余裕が生まれるとも思うので、やりたいことを思い切りやってイキイキしている姿を見せたいです。

また、子どもたちに対しても、そういう姿を見せることで、「将来はお母さんのようになりたい」と思ってもらえるといいなぁと思っています。ときにはバタバタしたり失敗することがあっても、そういう姿も含めて見せることで、「失敗しても大丈夫」と思わせることができるかな、と。

私の母がやりたいことをやって楽しそうに生きていて、心のどこかでそんな風になりたいと思っていた私のように、子どもたちにもまた、そんな「将来のイメージ」を持ってほしいなー、と。

どんな状況でも「楽しく生きる」ことができる、そんな家族でありたいなぁと思います。

仕事での自己実現

ママに起業の楽しさを知ってもらう

私は元々、仕事に対してどちらかと言うとネガティブなイメージを持っていました。

自由で飽きっぽい私が、楽しく仕事することなんてできないだろう、と思っていたところがあったのですが、それは「企業に勤める」という前提で考えていたからだと気づきました。

起業してもなかなか気づけなかったのですが、「起業すれば自由にできる」わけです。

※ ここで誤解のないように言っておくと、「自由」というのは前項でもWikipediaを引用した通り、「自由意志」のことです。お客様ありきのことなので、自分勝手に振る舞うことは許されませんが、全て自分の意思で決められる、ということ。

起業と言えば「ベンチャー」のイメージしかなかったのですが、実はそんな大層なものではなく、一人の普通のママでもできること。まずはそのことをより多くの人、多くのママに知ってもらいたい、と思います。

そして私自身、その自由を謳歌して、起業が「1人で背負って大変なこと」ではなく「自分で自由にできて楽しいもの」だということを体現していきます!

Webを身近にする

更に、ネットの世界が大好きな私だからこそできること。「Webって楽しいよ!」ともっと多くのママ起業家さんに知ってもらうことです。

Webは
  • 自由に表現ができる!
  • いろんな人との出会いがある!
  • どこへ行っても仕事ができる!

といいことだらけ。怖い、とか苦手、とか言ってたら本当にもったいない。でも、「慣れていない」から、一つ一つ身構えてしまう人が多いんですよね。

デジタルネイティブな20代以下の若者や子どもだと、使ったことのないWebツールでも躊躇なく触って使えます。うちの長女、母親の影響も大いにありますが、Scratchやマイクラ(Mine Craft)でプログラミングに親しんでいます。プログラミング的思考の授業どころか、プログラミング自体がどんどん身近になっています。

そんなこれからの時代に、世界に向けて発信していくべき起業家さんが「苦手」とは言ってられないですよね。「やらなくちゃ」でSNSを使うのではなく、楽しんで発信してもらいたい。楽しんでいるママ起業家さんが増えれば、私もまた人との出会いが増えて、楽しい。

そのために、私自身がWebやSNSを楽しんでいる様子をもっと発信することで、Webをもっと身近にするお手伝いをしていきたいです。

Webでの表現を楽しむお手伝い

そして、そこから更に一歩、ホームページという形での表現の楽しさをお伝えできたら、とも思います。

ママ起業家さんがSNSで定期的に発信することは大切ですが、その人のやっていること、世界観が一目でわかるホームページがあれば、SNSの発信で興味を持ったお客様が見に来ることもできるし、何らかの事情で発信頻度が下がっても、ある程度はホームページが代弁してくれます。

例えばストアカやココナラのようなサイトも入り口の一つになりますが、そこだけで差別化が難しい場合も、ホームページを見てもらうことでお客様を惹きつけやすくなります。

WordPressだったり、ペライチ、Wix等の便利なツールもたくさん出てきているので、そういったツールを使えるようになることで、Web上で表現することの楽しさや、自分を表現したホームページを通して人とつながることの楽しさを伝えていきたいと思います。

「楽しい」を大切に

これまで、「楽しい」が動機づけにはならない、と思っていました。

特に、起業やビジネスの世界において、「楽しいからSNSで発信しましょう」「楽しいからホームページを作りましょう」なんて有り得ない、許されないし、もっと現実的な動機づけが必要なんだとばかり思っていました。

でも、楽しさがなければ起業なんてする必要ない、と気づいたのです。雇用されている方がラクなことも多い。保証もある。現に、割り切って働いている人も少なくない。(うちの旦那さんもそうです…)

もちろんお金のために起業している人もいると思います。まぁ、そういう人は私とは違う世界に住んでいると思うので、置いといて。

私の知っている起業家さん、特にママ起業家さんで言うと、大変なこともあるけれど、その先にあるもの、人との繋がりだったり、家族との時間だったりが「楽しい」から、みんな起業するんだな、と。

だったら、目的のためにがむしゃらに頑張って100%達成するのも一つだけど、楽しみながらやっていたらいつの間にか目的も達成できていた、という方が、達成率が8割だったとしても満足度は120%なんじゃない?と思えてきました。

少なくとも、私はそうです。

なので、「楽しい」を大切に、それを切り口にやっていくのが私らしいのかな、と今は思います。

これまでも、これからも

最初に起業したときは、一般の産後ママ向けに活動をしていましたが、

「ママって楽しい!」を全てのママに

を自分のミッションとしていました。
(最初から決めていたわけではありませんが、いつの間にやらそんな風に考えていました。)

今回こうやって改めて、「自分らしさ」や「これからどうありたいか?」を考えてみましたが、「楽しさを伝えたい」という想い、結局はそこから変わっていません。

まずは自分が楽しく生きる、そしてその楽しさを伝えていく。そこをこれからもブレずにやっていきたいと思います。

自分が楽しくなければ、人を楽しくさせることはできないですもんね!

そうして、「楽しい」の輪が少しずつでも広がっていけばいいな、と願っています♬

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる